サイトメニュー

診断の問題点

医者

本人の自覚症状と簡易診断

前述のように、新型うつ病では、本人の自覚症状こそが最大の診断(チェック)基準であることに加えて、新型うつ病の特徴的な症状の中で、患者さんの症状に該当するものがいくつあるか、どの項目に該当するのか、というような機械的な診断(チェック)によって病気の診断ができるという手法は分かりやすいものですが、本来病気というものは、全く別の病気であっても、同じような症状が出ることがあるのです。 そのため、症状の項目が立地するからといって、新型うつ病というような判断をするやり方が本当に良いのか、このやり方によって診断(チェック)するために、新型うつ病の患者数が本来の者数よりも多くなっているのではないかという懐疑的な意見も出ています。 これは重要なところで、実際には新型うつ病でもないにもかかわらず、新型うつ病として治療を行ってしまった場合、症状の改善に結びつかない場合も十分に考えられるわけです。また無理な治療を実施したために、逆に症状を悪化させてしまうというリスクがないとは言えないでしょう。これは新型うつ病が長期化すると指摘されている実態に関わることかもしれないのです。

答えがない

しかし、患者さんの訴え以外の診断(チェック)基準を作ることができるのかというと、現実には無理というのが実情なのです。CTやMRIや血液検査やエコーによる診断など、目に見えるような形になる診断(チェック)であれば、何も問題はないのですが、うつ病を含めた気分障害においては、自覚症状に勝るものはないというのが現実です。 このような言い方をすると、患者さんが嘘をついていると疑っているのか、というような話になりかねませんが、専門家は指摘するポイントは、あくまでも新型うつ病という診断(チェック)がついてしまう範囲が広がってしまうことへの懸念なのです。確かに、実際にはうつ病でもなく、新型うつ病でもなく、症状もないのにかかわらず、障害年金の認定で優位になる為に、うつ病を「偽装」しているような不心得な人間もいるでしょう。しかし、そのために本当の患者さんに対して不利益を与えても良いなどと考えている専門家はいないはずです。それはまた別の話です。

今のままやるしかない

これまで、新型うつ病の診断(チェック)方法の問題点について書いてきましたが、残念ながら病態の変化がない以上、診断(チェック)方法が変わることは考えにくいことです。そもそも病態が変わるということは、新型うつ病ではないということになってしまいます。 そのため現状では、この診断(チェック)方法で新型うつ病の判断をしていくしかなさそうなのです。対処療法的な治療であれば、診断(チェック)結果の病名が、どんなものであれ、患者さんを楽にすることができますし、考えられる弊害に対してもきちんとした対策を考えさえすれば、乗り切れない話ではなさそうなのです。 ですから、大切な事は、診断(チェック)方法そのものよりも、このような患者さんを救うことであり、診断(チェック)への問題の指摘の理由も、まさにこのためなのです。

Copyright© 2019 うつ病診断と障害年金について【受給のポイント】 All Rights Reserved.